読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fujiwara Quality.

アイドルの話をゆるゆるべらべら書いてます。 twi@kisav69

『NEVERLAND聴きました』※脱線祭りだよん

お題「NEWS「NEVERLAND」レビュー」

 

またまた素敵なお題があったので.+(*¨*)+.

 

待ちに待ったNEWSのNEWアルバム!!!!それが『NEVERLAND』!!!!!!!まずタイトルが最高じゃね!?!?!?!?だって、あの夢の国ネバーランドなんだよ!?!?…と、記号多めの文章で興奮具合が伝われば嬉しいです。

 

 

アルバムの感想の前にネバーランドといえば。タイトルを聞いた瞬間誰がピーターパンやんの!?ヲタはウェンディなの????それともティンカーベル????思ったんですけど、全然違ってて安心半分がっかり半分でした。

 

ちなみにちなみに。ホリプロ主催ミュージカル『ピーターパン』の東京公演のドリームシート席を買うと空が飛べるようになる妖精の粉が貰えます!( 鍵と比べるとだいぶ小さい )( 鍵が大きい )

 

f:id:FUJIKisav69:20170322132529j:plain

 

写真は2012年公演(高畑充希ピーターパン)の時に配られたものです。

 

2012年・2013年の2年間ウェンディ役を演じた仁藤萌乃ちゃん( 元AKB48 )が好きで観劇に行きました。毎年7月に公演があって私の中で彼女は織姫だったんですけど、巡り巡って「ネバーランド」と「織姫」で此処に繋がって震えてます…。

 

 

…と脱線はこれくらいにして\(^o^)/アルバムの話をゆるゆると\(^o^)/

 

 

まずアルバムのジャケット!ジャケ写公開された瞬間セカオワかよとか言ってごめん…実物見たら衣装から何から細かくて、メンバーのコンディション含め完成度の高さに思わずひれ伏したよね。「最高かよ」(byHKT48『最高かよ』)

 

いつもNEWSは最高傑作のアルバムを出してくれて嬉しい!語彙力なさ過ぎて「最高」の2文字で片付けてごめん!

 

アルバム特典とは思えないガチで重みのある鍵と白地に金色の招待状、そしてコンサートへ続くと思われるストーリーミングに各地で行われているパネル展示。至せり尽くせり過ぎる…こんなてんこ盛りなのにこの値段なの????JE頑張ったね????

 

トーリーミングはツアー2日目に入るのでギリギリまで観ないでおきます(。・o・。)

 

以下曲の話をゆるゆるゆると(*・∀・*)

 

 

1:"The Entrance"

 

あああああああ!!!!????( 誰だっけこの案内人さん )( って思い出してる間に曲が終わってしまった )これ、コンサートでもそのままOVERTUREとして使われるぱてぃーんだよね!?大の大人が聴いてもはしゃぐ曲!生で聴けるのほんと楽しみ!!!!

 

 

2:NEVERLAND

 

あれこれやばくない????ネバーランドって夢が沢山あるんじゃないの!?めちゃくちゃ音が重たいね!?会場のどこかからドーン!って登場するのかと想像しただけで死ねる。でもこの曲で登場するしかないよね!?これで登場してね!!!!

 

「NEVERLAND」と書いて「夢」と読ませるヒロイズムさん最高…作詞家さんのセンスって曲聴いてるだけじゃ伝わらなくて、ふと歌詞カード見た時に気付かされて驚かされる。コーラス(?)の子供の声が曲調と真逆なのもまた好い…!

 

 

3:アン・ドゥ・トロワ

 

フランス語で1・2・3を意味する un,deux,trois。ちらつくのはモーニング娘。の『one two three』。脱線しますと石田亜佑美ちゃんがその時していた髪型好きで握手会で髪の毛伸ばさないの?と聞けなかったことを未だに後悔してる( ガチ脱線 )

 

勿論1mmもかぶっていなかった。そうか、そうきたか。『SnowDance』同様2人の触れ合いを「踊る」と表現したんだよね…?ヒロイズムさん、流石です。小山くんのファルセットやべえ思ってたら加藤くんも書いてた。流石コヤシゲですね(?)

 

 

4:EMMA

 

きました!4番バッターがまさかのえまちゃん!よっ!青山くん!(?)

 

歌詞の中では女性だと分かっていても、犬の名前だという情報を入れてから聴くEMMAも好きです。「サヨナラまで2cm」を増田貴久に歌わせてくれてありがとうございます、おかげで毎回死んでます(26歳/加藤担)

 

お酒が大好きなのにギムレットを提供してるオシャレなbarに行けそうにないので、『ロング・グッドバイ』観ながらいつか作ろうと企んでます。ロンググッドバイと言えば寺山修司を思い出し詩を読み返したら汽笛をポーと表現してて手越祐也ボイスで再生されました。あれは汽笛だったのか(困惑)

 

 

5:"7 Elements"

 

また案内人さん!タイトルの7、そして2番目に収録の『NEVERLAND』に出てくる7つのワードの美声で説明してくれるなんて贅沢。きっとこの曲もどこかで披露…じゃないのか、使われることを信じてる。

 

 

6:Brightest

 

これは耳に残るイントロ。え、ラップ!?思ったら、ちょっとだけ早口なだけだった。これはカラオケで噛むやつだ。タイトル通り使われてる楽器の音色が明るい!これはばっちり踊ってくれると信じてる。バッキバキに踊る増田くんと足が縺れそうになってる加藤くんが見れますように(祈りのポーズ)

 

 

7:Silent Love

 

Brightestとは違いゆったりな曲調。じめっぽいというか、艶っぽいというか。フレーズとフレーズの間に妙な間が出来ててウェット過ぎるし、歌詞も切ない。手越くんが「言えない」なら相当な切ない恋愛なんだね、うんうん(?)。増田くんのラップも安定で手越くんの言葉を借りるならスバラだよ。きっとリフターに乗って歌うやつかなと推測。

 

 

8:恋を知らない君へ

 

きた!恋知ら!(って略すの未だに戸惑う)

 

時をかける少女のエンディング曲。心が去年の夏へ一気に戻ります。加藤くんがド派手なシャツを着た先生役であんな先生いたらマジ恋してたんだろうな、矢野先生は前川先生と幸せに暮らしてるのかなってふと考えます。嫉妬を含めて。笑

 

タイトルは「君」なのに歌詞では「あなた」なことに今更気付いたわけですが。夏はどっちかいうと出会いの季節なのに、なんでこんな切ないんだろうか。『Silent Love』もそうだけど切ない歌詞を手越くんに歌わせるの超好き。時かけと言えば安倍なつみちゃんのをリアルタイムで観てました。

 

 

9:Neverland Cast Members

 

タイトルの通りNEWSについて。ポテスターテム(動力)、テンプス(時空)、ベルビス(言葉)、スペクタクルム(美観)と見事なカタカナ。

 

ところでepisode.0の映像はコンサートで使わないのかな?だとしたら勿体なくない?初回盤買った人は是非DVDと共にこの曲を聴いてほしい!

 

 

10:ミステリア

 

…「ス」はどこ???あ、mysteryにiaをつけたのかな?とタイトルでつまづいて自分の頭の悪さを思い知った。どういう意味かは加藤くんのライナーノーツに書いてあると信じることにします( 正座待機 )

 

歌詞に出てくる「サクラ」は桜なのかそれとも比喩なのか。アイツとイコールなのか。何度聴いても歌詞を読み込んでもスーッと飲み込めなくてうわこれこそミステリアじゃね!?(?)。加藤くんの「ユラ、ユラリ泣くの」いい…ここだけの着ボイス欲しい。

 

 

11:BLACK FIRE

 

手越くんの声量が凄過ぎて次に歌う加藤くんがめちゃくちゃ辛そう。のどちんこ飛ぶ事案でしょ。ちゃんとスペア持ってる????って思ってたら他2人も全力で歌ってて、めちゃくちゃロックだ…KAT-TUNぽいと言ったら怒られるかな。

 

ギュインギュインギター掻き鳴らして歌うメンバーが観たいけど絶対ないよね、せめて手越くんだけでも…そうか無いか( 落胆 )

 

 

12:ORIHIME

 

可愛い子ちゃんシリーズ!(だと勝手に銘打ってる)

 

「夜空」「流れ星」「銀河」と織姫らしい歌詞。織姫と彦星のハイアンドシーク(かくれんぼ)…「もういいかい?」「もういいよ。が聞こえない」って最高じゃないですか。序盤で最高連呼してしまったから使うのやめよう思ったけど言わせてください。囁くような「もういいかい?」がめっちゃ好きです最高

 

折角織姫の歌作ったのにコンサートは6月で終わるなんてもったいないから、7月7日にコンサートやらないかな!?とカレンダー見たら金曜日だった。TBSおよびビビットスタッフさんお願いします(?)

 

 

13:流れ星

 

あれ!?『ORIHIME』のアンサーソング!?思ったら違った。

 

この曲調好き~思ってたら編曲を担当したのが亀田誠治さん。わお。『ORIHIME』に比べたら要素は薄いけれど、天体の歌が好きなのでリピしまくってます。「また歩き出すよ」「まだ歩けるだろう」をコヤシゲに歌われた前向きになるしかなくない????

 

ファンに向けて歌ってくれたらいいなぁってちょっと思うけど、いつだってNEWSはファンに向けて歌ってくれてました。

 

 

14:"The Grand Finale"

 

うおおおおおおお!!!!そうよ、忘れずにコンサートに持っていかなきゃね…チケット並みに大事…。ごきげんようっていい日本語よね。

 

 

15: U R not alone

 

GReeeeNさん作詞作曲。GReeeenismを感じる。4人の歌声が綺麗に合わさっててこれはセンステがあるのならば、センステで4人円になって歌って欲しい!それか4人バラバラで花道歩きながらとか…?ツアーでどう歌われるか楽しみ…円になって欲しい( しつこい )

 

 

16:"To Be Continued...."

 

 案内人さんの「つづく!!」の言い方が可愛い…ビシッと決めるのかな思いきやちょっと言い方が可愛いぞ…。14曲目のタイトルでグランドフィナーレとなってるのに、15曲目があって頭にハテナ浮かんだけど、16曲目で終わりでしたん。

 

 

17: i'm coming

 

で、出た…問題作(語弊)手越くんと言えばこの手の曲だというイメージが出来上がってるからタイトルを聞いてもそうかそうかと余裕ぶっこいてたけど、歌詞が思った以上にストレートで驚いてる…これコンサートで歌うの…?ファンの前で歌える…?ファンは聴いていられる…?みんな免疫ついてるの…?当日耐えるのに必死で変な顔しそう。

 

 

18:ニャン太

 

アルバムで初めて知らされてたら何倍も辛く重く捉えてたかもしれない。メン愛に書いてくれてありがとう…。曲調は明るいけど、小山くんの素直な気持ちが歌詞になってて、どれだけ好きだったか愛してたか雑誌やtvを通して見てきたから、当日コンサートで聴いたら泣くかもしれない。どうか、小山くんが笑って歌えますように。

 

 

19:あやめ

 

THE加藤シゲアキソング。シゲアキクオリティ。あまり絵画に詳しくないから歌詞を見て初めてゴッホの『アイリス』を知りました。コーラスって手越くん!?思ったら別の方だった。突然のテゴシゲソングが出来た思ってびっくりした。笑

 

許されるなら「青と藍と紫のボーダーライン見極めるなんて出来ないんだ」という歌詞に花丸を書きたい。許されないけれど。色の境界線の話は『ピンクとグレー』のタイトルの由来の時に話してた気がするんだけど、いつどの媒体だったかな( 妄想ではないと信じたい… )

 

きっと想像した以上に深い意味があるんだろうけど、わたしには頷くことでいっぱいいっぱいだ…これこそライナーノーツ待機!

 

 

20:FOREVER MINE

 

最後は増田ソロ。そして山下達郎カバー。最高かよ。

 

4人の中でこの曲をカバーするなら増田くんだと思ってたし、増田くんが正解。原曲は映画( 東京タワー )を見たときにこれでもかってくらい聴いてたから本当嬉しさしかない。なんで増田くんだけカバーなの?って疑問ぶっ飛んだよ。ありがとう…ありがとう…。

 

最近のソロ曲でバッキバキバッリバリ踊ってたから、しっとりまっすーが見れそうで嬉しい。本当嬉しい。この感動を共有すべく、V6ファンへ向けても宣伝したい…増田貴久の『FOREVERMINE』は最高です。

 

 

結局最高ばっか連呼するレビューじゃねえか。本当にそう思ったんだもん!( 開き直り )

 

 

別グループネタが多い脱線ばっかの記事を長々と読んでくださりありがとうございます。個人の感想なのでまだ聴いていない方は参考にしないでください。素敵なツアーになりますように(*・∀・*)